即ウエストを細くする方法 たった5分でくびれができる!?

この記事は3分で読めます

即ウエストを細くする方法

水着にならなきゃいけないとき、みんなで温泉に行くとき、健康診断で腹囲を測るとき…
「あ〜今すぐウエストを細くしたい!」と思うこと、ありませんか?

そんなに簡単に細くできれば苦労はしない?
いえいえ、そんなことはありません。
たった5分で、念願のくびれも夢じゃない!?

実は、即効でウエストを細くする方法があるんです。
今回は、そんな即効性のあるウエストを細くする方法についてご紹介したいと思います♪



お腹を凹ませるドローインでくびれを手に入れろ!


最初にご紹介するのは、話題の「ドローイン法」です。

 

簡単に言うと、お腹を凹ませたまま呼吸をする。

これだけ!

これだけで−3cmも夢じゃないんです。

 

やり方を詳しくご説明しますね。

ドローインは立つか、横になるか、どちらかの姿勢で行うのがやりやすいです。

基本的に手順や気をつけるポイントは同じなので、今回は外出先でもできる立った姿勢でのドローインを想定して話を進めたいと思います。

 

まず両足は肩幅くらいに開いてリラックスし、深呼吸を行います。

呼吸が整ったら、口から息を出してお腹を凹ませていきます。

どんどん凹ませていって息を吐き切り、これ以上凹ませられない!というところまで凹ませたら、もう一息凹ませましょう。

 

このとき、背中が丸くならないように、背筋をのばします。

そしてお尻の穴に力を入れてキュッと閉めましょう。

 

意識するのはお腹とお尻。

この状態を保ちながら、ゆっくりと呼吸します。

 

息を吸う時には胸を膨らませるイメージで。

腹式呼吸ではなく、胸式呼吸を行います。

そして吐く時にはさらにお腹を凹ませるつもりで吐き切ります。

これを30秒続けます。

簡単&即効でお腹痩せが可能!? 話題のドローインダイエットとは?

 

ここまでを1セットと考え、時間と体調が許す限り行えば、即効でウエストを細くすることが可能!

ただ時間とともに戻ってしまうので注意しましょう♪



8の字ダイエットでくびれを手に入れろ!


次にご紹介するのは、8の字ダイエットです。

オチョダイエット、とも呼ばれていますね!

 

腰を8の字に回す独特の動きは、テレビでもよく見かけますよね。

この8の字ダイエットにも、即効でウエストを細くする効果があるんですよ♪

 

では早速、やり方をチェックしてみましょう。

8の字ダイエットは立った姿勢で行います。

簡単な動作なのでテレビを見ながらでも全然OK!

 

まず、足を肩幅に開いたら、お腹とお尻にキュッと力を入れます。

背筋はすっと伸ばして、お腹とお尻にだけ力を入れるイメージ。

 

そして、腰を左の前方へ突き出し、次は右の前方へ突き出します。

8の字を描くように左前、右前と腰を突き出す動きを行います。

左右で1回と数え、これを8回行って1セットとします。

 

1セットでもかなりのウエストのサイズダウン効果がみられる、8の字ダイエット。

簡単で特別な道具もいらないのですぐに取り組めますね!

寝ながら簡単に痩せるお腹痩せダイエット方法

 

フラフープのように腰をまわしてくびれを手に入れろ!


最後はフラフープをやるときみたいに腰を回してウエストを細くする方法です。

 

まずは準備運動から♪

膝の屈伸運動を30秒間行います。

 

このときのポイントは息の吐き方とお尻。

膝を伸ばすときに息を吐く。

このときお尻をキュッとしめておきます。

 

屈伸が終わったら、今度は腰を前後左右に動かします。

まずは前後から、30秒間動かします。

息を吐くのは腰を前に出すとき。

このときもお尻の穴はしめておくこと。

左右も同様に行います。

上半身は固定して、腰だけを左右に動かします。

 

次はいよいよまわしていきます♪

まずは時計回りに30秒。

次に反時計回りに30秒、

腰を大きく回します。

最後に軽く屈伸をして終わりです。

ね?簡単でしょう?

 

ご紹介した3つの即効性のある方法はどれも簡単なものばかり。

諦める前に試してみる価値アリですよ〜!

 

楽してスッキリお腹痩せできる、簡単なダイエット方法♪

楽してスッキリお腹痩せ♪簡単すぎるダイエット法3つ教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 簡単ながらダイエット
  2. 簡単&即効でお腹痩せが可能
  3. 即ウエストを細くする方法
  4. 寝ながら簡単に痩せるお腹痩せダイエット方法
  5. 簡単お腹痩せダイエット
  6. お風呂に入りながら簡単にお腹痩せできる方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。